シングルFPの乳がん日記

2010年9月に乳がんが発覚。 これを機に、シングルが病気になるということ、また罹患者が 増えている乳がんという病気についてなど、関連の情報をFPの立場で発信します。

ピンクリボン

プロフィール

シングルFP くろまる

神田生まれの江戸っ子ファイナンシャルプランナー。得意分野はシングル&事実婚カップル。「より幸せになるために・夢をかなえるために」をモットーに「幸せ」と「お金」の関係を探るべく、FPという枠にとどまることなく活動を続けている。オフィスBLISS代表 http://www.office-bliss.com
著書に『幸せの答えはあなたの中にちゃんとある』ゴマブックス、『シングルライフの老い支度』(共著)実務教育出版 がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入院4日目(手術翌日)

朝の検温の後、尿道につながっていた管を外してもらいました。
これで、自分でトイレに行けるようになりました。
(ただ、それから2日間くらいは、用を足すときに軽い痛みを感じました)

しばらくして、別の看護師さんが「術着を着替えましょう」とやってきました。
「はぁい」と返事をして上半身を起こしたものの、力が全然入らず、そのまま、また倒れてしまいました。

「なんか力が入りません」と言うと「ではお手伝いしますね」と、てきぱきと脇に置いてあったパジャマに着替えさせてくれました。
その間、私はなすがまま。
自分ではほとんど何もできず、ショーツまではかせてもらいました。(~_~;)

そのころから、持病の片頭痛が襲ってきました。
あいにく、病院にはそのための薬を持ってきていません。

頭を抱えてベッドの上で、横になっていると、I先生とS先生が回診にやってきて、傷の具合を見て「順調、順調」と満足そうに去っていきました。
どうも、外科のお医者さんの関心は、外科的な箇所に限られるようです。


この日は、手術前日にアドバイスをしてくれた同室のNさんの退院日でした。
「必ずよくなるから大丈夫よ」と言って、旦那さんとともにかえって行きました。
これで、この部屋には私ひとりになりました。
結果的に、同室の人に気兼ねなく何度もトイレに駆け込んだり、七転八倒できたりしたので、ラッキーといえばラッキーでした。



朝食のおかゆが運ばれてきましたが、昨日の空腹感はどこへやら。
とても食べられそうにありません。

仕方なく、水だけでも飲んでみようと、2口ほど口にしました。

しかし、私の胃腸は水さえも受け付けてくれませんでした。

急に吐き気がしたので、初めてのナースコールをして、いざというとき受けるための器をもってきてもらいました。

S先生が心配して、吐き気止めの点滴をつけてくれましたが、まったく効かず、結局トイレに何度も駆け込み、4回ほど戻してしまいました。

前々日の夜から何も食べていないので、当然胃の中には何もなく、出てきたのは深緑色の液体と少量の血です。
その緑色を見たとき、「あれっ胃液って黄色じゃなかったっけ?」と一瞬不安になりましたが、ちょうど様子を見に来てくれたS先生に「胃液の色よ。胆汁の色だから大丈夫」と軽く言われて、とりあえず安心しました。
血液も、麻酔時に入れた呼吸管により、喉が多少傷ついたための出血だとのこと。


ひどい頭痛は続いていますが、痛み止めを飲んでもすぐに吐いてしまうでしょう。
見かねた看護師さんが、座薬の痛み止めを入れてくれました。

痛みと気持ち悪さ、全身の倦怠感で、身の置き所がないといった状態になり、ベッドの上でくの字になりながら「もうやだぁ」と、投げやりな気持ちになってしまいました。

そんな気持ちをいさめるかのように、その時、そばにいた看護師さんが強く肩から背中をさすってくれながら「大丈夫ですよ。こんな状態になる人も多いけど、時間とともに必ず良くなりますからね」と励ましてくれました。

その言葉を聞いて「ああ、そうなのか…」と、すごく気持ちが安らいだことを覚えています。

看護師さんには、診療の補助だけではなく、患者の精神面を支えるという大きな役割があるんですね。大変なお仕事だと思います。


何度もトイレに通い、やっと落ち着いてぐったりしているところに、兄夫婦が見舞いに訪れました。

せっかく来てくれましたが、そんな状態だったのでほとんど話すこともできず、心配だけさせて帰ってもらいました。 どうもすいませんね~。


頭痛は夜には軽くなってきましたが、気持ち悪さは相変わらず。
食事はおろか、水分さえもとれず、そのため点滴を外してもらえるわけもなく、ともかく苦しい1日でした。
スポンサーサイト

テーマ:乳がん - ジャンル:心と身体

  1. 2010/12/01(水) 16:14:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<入院5日目 | ホーム | 入院3日目(手術当日)②>>

コメント

今日、高橋梨香さんの奇跡のウェディングを読みました。旧姓山内さん、1冊目のがけっぷちナースはずっと前に読んでいたのですが、お元気に活動されていて2冊目を読まないでいたまま梨香さんは他界されました。とても強い方で本を読むと、もっとちゃんと生きなくては!という思いになります。涙なくして読めませんでしたが、生きてる自分は梨香さんの思いをちゃんと大事にして生きなくてはならないと思います。くろまるさんの今後の活動を応援しつつ自分も精進します!
  1. 2010/12/02(木) 18:56:11 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

高橋梨香さんは、ほんとお若いのに残念でしたね。
私の場合は同病でも初期の初期なので、ぜんぜん
のほほんとやってます。
でも、やっぱり生きてるだけでありがたいことなんですよね。
忘れないようにしたいです。
  1. 2010/12/03(金) 18:28:49 |
  2. URL |
  3. くろまる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://officebliss.blog136.fc2.com/tb.php/19-53bee22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。