シングルFPの乳がん日記

2010年9月に乳がんが発覚。 これを機に、シングルが病気になるということ、また罹患者が 増えている乳がんという病気についてなど、関連の情報をFPの立場で発信します。

ピンクリボン

プロフィール

シングルFP くろまる

神田生まれの江戸っ子ファイナンシャルプランナー。得意分野はシングル&事実婚カップル。「より幸せになるために・夢をかなえるために」をモットーに「幸せ」と「お金」の関係を探るべく、FPという枠にとどまることなく活動を続けている。オフィスBLISS代表 http://www.office-bliss.com
著書に『幸せの答えはあなたの中にちゃんとある』ゴマブックス、『シングルライフの老い支度』(共著)実務教育出版 がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入院2日目(手術前日)

本格的な入院生活が始まりました。

ご参考までに、日課を書いておくと、
午前6時に起床。消灯午後9時。
検温は朝と午後2時(体温と脈拍、血圧を測り、お通じの状態、トイレの回数を尋ねられます)
食事は朝8時頃 昼12時頃 夕6時頃 (どのくらい食べられたかもチェックされます)

ここの病院は新しいので、ベッドの脇にテレビ(有料)も小さな冷蔵庫も備え付けられていました。

また、洗濯もコインランドリーが各階にあり、家にもって帰らなくてもできますし、共用のシャンプー台やシャワー室もあり、身体さえ動けば、そこそこ快適に過ごせそうです。


この日は、手術の前日ということで、朝のうちに主治医から別室に呼ばれ説明を受けました。
(普通は家族とともに聞く人が多いようです)

それによると、様々な検査の結果、初見よりもがんの範囲が広がっているということ。
詳しくは、開いてみて切り取った組織をより詳しく検査しないと分からないということ。
そして、開いてみた状況により、患部の切り取り方や傷の大きさ等が変わるということ。
センチネルリンパ節生検のため、わきにもうひとつ傷ができるといったことでした。

どちらにしても、手術が始まってしまえば本人にはもはや手出しのできない事柄なので、あとは信頼してお任せするしかないですよね~。


その後、センチネル生検のための検査薬を注射されたり、切る場所をマーキング(マジックで印をつける)するため、再度超音波で患部を確認したり、麻酔の副作用等の説明を麻酔医に受けたりしながら過ごしました。

さらに、看護師さんからも、翌日の手術に向けての注意事項を説明されました。

○手術前に準備しておくもの
・浴用タオル3~4枚(これは看護婦さんに身体を拭いてもらうためのものかな?結局私は使いませんでした)
・バスタオル2枚(手術後気がついたらシーツの上にひいてありました)
・箱ティッシュ(手術後、痰の出る人が多いそうです)
・洗濯物を入れる袋
T字帯(病院内で数百円で売っていました)
・ホスピタルブラ(乳がん患者用の柔らかいブラジャーのようですが、スポーツブラなどでも大丈夫とのことで、特に必要ないようです)

○手術前日の注意事項
・夕食までは普通どおり可。ただし、21時以降は禁飲食。(病院内は乾燥しがちで、夜中に水が飲めないので少々つらかったです)
・感染防止のため脇の毛を剃ること。入浴し身体を清潔にしておくこと。手足の爪を切り、マニュキュアはとっておくこと。
・足の裏に油性マジックでフルネームを書くこと。(これが、いつもよりうまく書けたので我ながらびっくり。ただ、しっかり書きすぎたため手術後もなかなか落ちなかった ^_^;)
・夜間、眠れない場合は知らせてくれれば薬を出します。(私の場合は多少浅い眠りながら寝られました。子猫が出てくる夢を見た記憶があります)

私の手術は当日2例目で、予定時間は11時45分頃とのことですが、前の手術が長引けば、15時くらいになる可能性もあるとのことでした。



消灯後、そろそろ休もうかなと思っていると、同室のNさんが声をかけてきてくれました。
この方は、もう何度もいろいろな箇所を手術されているという、入院患者としての大先輩です。

「手術、初めてでしょ?」
「はい」
「じゃあ、これだけはやっておいて。明日、手術室に入ったら10秒も経たないうちに眠らされてしまうのだから、まず、手術室にはいったら、○○先生いますか?と、自分の主治医に手を上げてもらいなさい。」
「はぁ…」
「手術室には歩いていくのだから、自分がしっかりしているうちに、それだけは確認しておきなさい。もちろん患者取り違えなんて絶対起きないと思うけれど、それでも、自分の身は自分で守る気持ちが大切なのよ」
「そうですね、そうします。どうもありがとうございます」


前夜にこんな話を聞いて、かえって緊張感が増してしまいましたが、アドバイスはありがたく受け取らせていただきました。

たとえどんなときでも、他人任せにせず、自分の身は自分で守るという覚悟が必要なんですよね。



診断/検査に関する用語解説
スポンサーサイト

テーマ:乳がん - ジャンル:心と身体

  1. 2010/11/25(木) 12:55:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<入院3日目(手術当日)① | ホーム | 入院1日目>>

コメント

こんばんは

第三者の私が緊張してきました。
当日はどうなるのでしょうか。
  1. 2010/11/25(木) 20:17:38 |
  2. URL |
  3. しまミーコ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

しまミーコさん、ちゃんと退院して帰ってきてますから大丈夫ですよ~(*^_^*)
  1. 2010/11/26(金) 17:40:05 |
  2. URL |
  3. くろまる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://officebliss.blog136.fc2.com/tb.php/16-4ba95ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。