シングルFPの乳がん日記

2010年9月に乳がんが発覚。 これを機に、シングルが病気になるということ、また罹患者が 増えている乳がんという病気についてなど、関連の情報をFPの立場で発信します。

ピンクリボン

プロフィール

シングルFP くろまる

神田生まれの江戸っ子ファイナンシャルプランナー。得意分野はシングル&事実婚カップル。「より幸せになるために・夢をかなえるために」をモットーに「幸せ」と「お金」の関係を探るべく、FPという枠にとどまることなく活動を続けている。オフィスBLISS代表 http://www.office-bliss.com
著書に『幸せの答えはあなたの中にちゃんとある』ゴマブックス、『シングルライフの老い支度』(共著)実務教育出版 がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうする?ホルモン療法 2

先日の診察時に、ホルモン療法はやってもやらなくても自分で決めていい、と言われました。
しかし、そんなことを素人が勝手に判断するのもなんだなぁと思い、最初にがんを見つけてくれたクリニックのD先生の意見を聞いてみることにしました。

夕方、放射線治療を終え、その足で電車を乗り継ぎ、久しぶりにクリニックの扉を開きました。

いつものようにすごく混んでることを覚悟して行ったのですが、なんと待合室に人はおらず、10分ほどの待ち時間ですぐに先生に会うことができました。
ラッキーです。(^^♪

先生に、早期にがんを見つけてくれたお礼とともに、ホルモン療法について相談すると、まず言われたのが「グレードはどうでしたか?」ということ。

グレードってなに?ステージとは違うの?という感じでしたが、それも説明してくれました。

まず、ステージとはがんの進行度、病期のこと。0~4まであり、これは私の場合一番軽い0期です。

で、初めて聞いたグレードというのは、がんの性格とでもいったものでしょうか?<顔つき>という言葉も使うようですが、核異型度(再発しやすさの程度)のめやすで1~3の分類があるようです。

「もし、このグレードが高ければやった方がいいが、低ければ、費用もかかることだし、副作用もあるのでやる必要はないでしょう」と、明確なご意見をいただけました。

また、「今後のために、今すべてやらずに、治療法を取っておく」という考え方もあるとも言われました。

やっぱり、もちは餅屋。専門家の意見を聞くのがいちばんですね。
こちらの気分もすっきりしました。

まずは、次回診察時にグレードを確認してみようと思います。

スポンサーサイト

テーマ:乳がん - ジャンル:心と身体

  1. 2011/01/30(日) 13:40:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。