シングルFPの乳がん日記

2010年9月に乳がんが発覚。 これを機に、シングルが病気になるということ、また罹患者が 増えている乳がんという病気についてなど、関連の情報をFPの立場で発信します。

ピンクリボン

プロフィール

シングルFP くろまる

神田生まれの江戸っ子ファイナンシャルプランナー。得意分野はシングル&事実婚カップル。「より幸せになるために・夢をかなえるために」をモットーに「幸せ」と「お金」の関係を探るべく、FPという枠にとどまることなく活動を続けている。オフィスBLISS代表 http://www.office-bliss.com
著書に『幸せの答えはあなたの中にちゃんとある』ゴマブックス、『シングルライフの老い支度』(共著)実務教育出版 がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

がんにかかっても、働き方さえ工夫すれば共存できる


がんサバイバーとして見過ごせない記事。

2014年3月4日付『日経ビジネスオンライン』より

“がん宣告”を受けた女性課長を脅す「上司の偏見」
がんにかかっても、働き方さえ工夫すれば共存できる。
今や、日本人の2人に1人ががんにかづけかる時代です。
今回は、ガン宣告を受けた女性とのやり取りを書きますので、
どうか他人事とは思わず、一緒に考えていただければ幸いです。」

スポンサーサイト
  1. 2014/03/19(水) 17:18:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がんと健康食品


がんに効くという健康食品やサプリメントはネットを検索すればいろいろ出てきます。
また、自分では興味がなくても、がんに罹ったと言えば、いろいろな人が心配して
多種多様なものを勧めてくれます。

私の場合、退院時に看護師さんから、今後の注意として
「善意から知り合いが健康食品やサプリメントを勧めてくると思うが、医学的に確実に
効くというものはないので、お医者さんに止められていますと言って断るように」と言われました。

確かに、効果のほどは人それぞれでしょうし、けっこう高額なものも多いので、いちいちお勧めに
従っていたら経済的にも大変ですよね。

ということで、ビタミン剤以外は採っていなかったのですが、放射線治療も終わり、あとは半年
ごとの経過観察だけになった時期に、いつもお世話になっており信頼できる方から、こんなサプリを
紹介されました。

⇒無臭「にんにく大地」(プロポリス入)

再発や転移を抑えてくれるのかどうかどうかはまだわかりませんが、とりあえず飲み始めてから
風邪で寝込むことはなくなりました。(^_^;)

  1. 2014/02/26(水) 20:29:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

被災者のためのがん電話相談

当然のことながら、東日本大震災で被災された人の中には、がんの患者さんもいらっしゃると思います。

そんな方々のために日本対がん協会がフリーダイヤルの相談窓口を開設したそうです。


「フリーダイヤル がん電話相談」

◆がん専門医による電話相談
 0120-822-355
(月~金曜の午前10時~正午、祝日を除く)

◆がん相談ホットライン   0120-788-233
(祝日を除く毎日、午前10時~午後4時)
看護師・社会福祉士が、医療を含め、心の悩みごとなどの相談も受ける

さらに、アメリカ対がん協会(ACS)の「自然災害発生後のがん対処法—がん患者と介護者のためのQ&A」もUPされています。
どんなことに注意しなければいけないのか、わかりやすく説明されていて、参考になります
  1. 2011/04/14(木) 16:58:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうする?ホルモン療法 3


ホルモン療法をするか、しないかということで病院へ。

以前の日記に書いたとおり、グレードか高ければ受けるし、そうでなければ受けないことにしていました。


実は、先々週も病院に行ったのですが、組織検査の報告書類に肝心なグレードの記載がなく、「では検査の先生に確認しておきます」ということで、決定は2週間延びたのでした。(-_-;)

で、グレードは、3段階の中間とのこと。

またまた、迷いそうなところですが、私は「一番高くなければ受けない」と決めていたのでその旨を先生に伝えました。


ホルモン療法は、私にしてみれば治療ではなくあくまで再発の予防措置

予防のために副作用のリスクを負っても、劇的に再発率が下がるわけではありませんし、逆に子宮がんのリスクが高まるというところがやけに気になってしまい、気持ち的にあまり良くなさそうです。

もちろん、その判断は人によって異なるでしょうから、この結論はあくまで私個人のものです。

ホルモン療法をしないのであれば、次は4ヵ月後に診察、ということで終わりました。

これで、ひとまず一段落というところです。


テーマ:乳がん - ジャンル:心と身体

  1. 2011/03/08(火) 18:06:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射線ラスト5回

放射線治療も25回に近づき、「やれやれ、やっと来週でおしまいかぁ~」と思いつつ放射線科の受付に行ったら、「来週から放射部位が変わりますので、月曜日はいつもより費用がかかります。だいたい2万円程度ご用意ください」といわれてしまい、ちょっとショックを受けた。(>_<)
がんはお金がかかるって聞いていたけれど、本当ですね。


診察時に放射線科の先生に確認したら、ラストの5回は乳房全体ではなく、患部に集中して照射するとのこと。

そのため、新たに手術の傷跡を中心に葉型にマーキングされました。

帰ってからネットで調べたら、最初の25回はX線照射で、ラスト5回は電子線というものを照射するらしい。
電子線はX線と違って体を突き抜けないので小範囲の治療には効果的といったことが書いてありました。

25回を終え、照射箇所はだいぶ色が変わってますね。
お風呂に入ると赤くなって、すごく目だちますが、とりあえず多少ひりひりするくらいで済んでます。

食欲もあるし、倦怠感もなし。
ただ、少し空咳が出るようになりました。でも肺炎等の副作用が出てくるならば、もっと先でしょうから単に風邪気味なのかもしれません。


こちらはご参考までに↓
知っておきたい放射線治療

テーマ:乳がん - ジャンル:心と身体

  1. 2011/02/11(金) 16:15:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。