シングルFPの乳がん日記

2010年9月に乳がんが発覚。 これを機に、シングルが病気になるということ、また罹患者が 増えている乳がんという病気についてなど、関連の情報をFPの立場で発信します。

ピンクリボン

プロフィール

シングルFP くろまる

神田生まれの江戸っ子ファイナンシャルプランナー。得意分野はシングル&事実婚カップル。「より幸せになるために・夢をかなえるために」をモットーに「幸せ」と「お金」の関係を探るべく、FPという枠にとどまることなく活動を続けている。オフィスBLISS代表 http://www.office-bliss.com
著書に『幸せの答えはあなたの中にちゃんとある』ゴマブックス、『シングルライフの老い支度』(共著)実務教育出版 がある。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうする? ホルモン療法

久しぶりの診察日。ホルモン受容体の検査結果を聞きに来るようにとのこと。

まず血液検査を受け、診察の前に放射線治療を済ませてから診察へ。

この病院の場合、診察室前の待合の電子掲示板には、混雑状況が表示されています。
私が着いたときには「30分遅れ」との表示が…
とりあえず受付だけ済ませ、お腹が空いてきたので病院内にあるコンビニでパンと飲み物を買って、ひとまず腹ごしらえをしておきました。

待合に戻ると表示は「60分遅れ」に変わっていて、今日も相変わらず混んでるなぁと、ゆったり新聞を読むことにしました。

新聞を隅から隅まで読み終わった時には、表示が「90分遅れ」に進んでいて、やれやれと思いつつ、携帯でメールを打ったり、うとうとしながら順番を待ち、そろそろ自分の番かしら?と掲示板を見てみると、今度は「混雑中」になっていました(笑)。

結局、予約時間より2時間ほど遅れて診察開始。
「先生はお昼食べられないのではないかしら?」と心配になります。


ホルモン受容体検査の結果は陽性(+)
つまり私のがんは、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて、分裂・増殖が促進される性質を持ったものだということです。
そのエストロゲンの作用を、抗女性ホルモン剤を使ってブロックする、というのがホルモン療法。

先生の説明によると、

ホルモン療法は5年間続けなければならない。
私のがんは非浸潤なので、他の臓器への転移はないと考えてよい。
乳がん再発の可能性は、手術したほうで約3%、反対側では9% 程度。
ホルモン療法をすることで、そのパーセンテージが半分程度になる。
副作用は、人によるが、主に更年期障害の症状。また関節痛や、まれに子宮がんのリスクが高まる可能性もある。
するかしないかは、自分で決めてください。
とのこと。

え~っ、自分で決めるのかい?! という感じですが、「この場では決められないでしょうから1か月後の次回診察までに決めてください」とのことでした。

うーん、どうすればいいんでしょう?

これからいろいろ情報を集めて検討してみます。




スポンサーサイト
  1. 2011/01/27(木) 12:24:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<アロマテラピーと乳がん | ホーム | 保険金入金>>

コメント

わかりやすい解説と情報をありがとうございます。
とても参考になります。

  1. 2011/01/28(金) 15:13:33 |
  2. URL |
  3. しまミーコ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://officebliss.blog136.fc2.com/tb.php/33-02536d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。